パーシーとハロルド

ちびっこ機関車パーシー 汽車のえほん


パーシーが港で働き始める。近くに飛行場がありうるさいヘリコプターにいらいら。怒った蜂呼ばわり。
ある日はじめてハロルドをあうとハロルドから「時代遅れ」だの「のろい」などさんざん。
ハロルドが飛んでいたので勝ってに競争が始まる。
車掌車にいた車掌が奥さんが容易した愛情茶を飲もうとしたとき大きく揺れこぼしてしまう。
何事かと、しかし上空をみるとハロルドが。
すると車掌はいかりや仕事を忘れて「行けるぞ、勝ってるぞ」とのりのり。
最後は波止場の注意信号で停車。しかしハロルドは降りるところが無く車掌が勝利宣言。
最後はパーシーにのっかってパーシーの歌を作詞作曲するはしゃぎっぷり。

« »

Top