スカーローイのかつやく

四だいの小さな機関車 汽車のえほん


サーハンドルはまだ車庫。ピーターサムが故障をし代役で久々に外に出たサーハンドル。
しかし客車たちはまだ怒っており、サーハンドルは歌まで歌ってご機嫌を取るが効果なし。
羊が線路に飛び出して来て急ブレーキ。これにも客車はカチン。
うまくいかないときはうまくいかないことが連鎖するものだ。
客車の怒りもピークに達し脱線させる報復手段。そしてさらに代役になったスカーローイが登場。
客車たちに「「僕に悪さなんてできるものならやってみろ」とすごみ客車たちを震え上がらせる。
快適に走っていたがそこは古い機関車。身体にガタがきておりスプリングがおれてしまう。
バスに振り替え輸送してもらという言葉に意地を見せ最後まで走り抜くスカーローイ。
客を降ろすと静かに車庫に帰るダンディズム。

« »

Top