フライング・キッパーごう

みどりの機関車ヘンリー 汽車のえほん


フライング・キッパー号は遠隔地に魚を運ぶ特別な貨物列車。
この特別列車を今回ヘンリーに任された。朝5時に港を出発し順調に走る。
しかし雪、朝方の寒さなどで信号のトラブルが発生。引き込み線には別の貨車がいた。
そのブレーキ車では機関士たちがココアを飲んでいる。
「もう戻ろうか」「ちょっとまてよまだココアが残っているんだ」
そのとき突然大きな音がして雪の中に放り出された。
ヘンリーがぶつかってきて脱線したのだ。
雪に放り出された助手は本当に見事に雪にうもれ、
ココアを飲んでいた助手は脱線しているヘンリーに「ココアをどうしてくれるんだ」とのんきな怒りを爆発。
救援車も出動しこの際大きな火室をつけてもらったら?と。
戻ってきたヘンリーは絶好調でみんなの声援に応えた。

« »

Top