トービーのつなわたり

わんぱく機関車 汽車のえほん


採石会社の重役が前回の立ち往生の件でこんこんと説教。
メイビス反論するが却下され4、5日は静かにしていた。しかしやっぱり静かにしているのも4、5日だけだった。
メイビスはどうしてもトービーの線をまた走りたくて貨車達に合図をしたら押してくれと。
そして貨車達におされてしょうがなかったということにしようと計画する。
しかしその貨車たちがトービーに連れて行かれていまい運悪くブレーキを踏むのが合図でトービーを押し出す。
その押し出した先には雪解け水で崩れそうな線路が。トービーは必死にブレーキをかけ止めようとした。
くずれそうな線路ぎりぎりで止まったが綱渡り状態に。
メイビスや採石会社の作業員たちが引っ張ってなんとか助かる。
その仕事ぶりが評価されメイビスもトービーたちと仕事をすることに。

« »

Top