小西部鉄道

機関車のぼうけん 汽車のえほん


ダグラスが戻ってきた頃ちょうどフライング・スコッツマンが帰るところだった。
ふとっちょの局長は「本物の蒸気機関車を見たかったらここに来てください」と誇らしげに。
そしてダグラスとドナルドが別れの歌を歌う。
そしてダグラスがオリバーのことをみんなに話しどうするのか見当するが
いいアイディアは浮かばずまずは局長に話そうと、すると陽気に局長が「ここだが」と登場。
ダグラスが「もう1台蒸気機関車が必要ですよね」局長はわかっていて
「機関車が逃げ出してきてくれればなあ」とわざとらしく言いオリバーをダックの支線で働かせる。
トードはダグラスのブレーキ車になりたがっている。
ディーゼル7101号は「くま」というあだ名が付き馴染んでいる。ハッピーエンド。

« »

Top