マイクのきてき

小さな機関車たち 汽車のえほん


前の晩に遅くなったのでダックの汽笛のところで機関士たちが卵をゆでた。
ある意味ダックの手料理?やはり機関士の手料理?。
そんな無茶するのでダックの汽笛の調子がおかしい。まあ汽笛の音なんていいだろうと適当機関士。
そんな汽笛話にマイクが自分の甲高い汽笛自慢、上等な汽笛だと。
レックスはそんな汽笛なら外してしまうと応戦。これにかんかんのマイク。
汽笛の鳴らない機関車はまともな機関車じゃない!と。
気分を害しているマイクに追い打ち、客車嫌いのマイクに客車を引く仕事。
いらいらモード全開中に線路に雌牛が登場。
雌牛をどかすために思いっきり汽笛を鳴らすと汽笛のふたがロケット発射。
汽笛が鳴らなくなってしまい汽笛が割りに客がいっせいに口笛で代行。
一体感のある客たちのおかげでなんとか駅へ。
まともじゃない機関車と言われ鬱。

« »

Top