ゆうかんな機関車

ゆうかんな機関車 汽車のえほん


ストを起こしたダンカンにスカーローイが軽く説教。
「お客さんを乗せないと鉄道も意味なくなってただのクズ鉄になるぞ」
「まあリーニアスが帰ってくればその考えも変わるだろう」
その流れでリーニアスの武勇伝が始まる。
ピーターサムたちがくる前の年、なにもかもがうまくいかなく
スカーローイとリーニアスの2台でこの鉄道を回していた。
その無理が祟ったのかある日リーニアスは雨の午後沿線で一番寂しいところで止まってしまった。
片方のシリンダーがだめになり足がつってしまったので。
満員の客も怒り出しリーニアスは片方のシリンダーだけでなんとか根性で次の駅まで走り抜いた。
責任感、勇敢なこの機関車にダンカンも反省。
次の日リーニアスが修理から帰ってくるとものすごい歓声で迎えられた。

« »

Top