トーマス・ジェームズ大量キャンセルで再受付

リリース

002
なかなか獲れないトーマス・ジェームズ乗車券
しかしキャンセルが大量発生で再受付
6月に関してはほとんど再受付(2015.5.29 1:00 午前現在)

トーマス号・ジェームス号の乗車申込みに多くのお客様にお申込みいただきありがとうございました。
既に受付を終了し、抽選・回答した日のうち、キャンセル等で空席が多く発生した便について“再申込”を承ります。
空席が多く発生した便への乗車予約再申込みは、原則として、乗車日の9日前の14:00~翌日13:00の間に受付します。
申込終了時間の48時間後をめどに、抽選結果をメールでお知らせします。
※自動配信メールが届いても、回答メールを受取れないお客様がおられます。今一度 注意事項 をご確認ください。
(大井川鉄道HP)

人気のため抽選販売が行われている大井川鐵道「きかんしゃトーマス号」。申込みを一度締め切ったのちに発生したその空席について、再受付の実施が発表されました。もう1回、乗車するチャンスが訪れます。
ほとんどの日で再受付実施へ
高い人気から、抽選でのチケット販売が行われている大井川鐵道の「きかんしゃトーマス号」と「ジェームス号」。簡単には乗車できない状況が続いていますが、いったん予約を締め切ったのちに空席が出た便があり、それについて予約の再受付実施が2015年5月26日(火)、大井川鐵道から発表されました。(乗りものニュース)

2014年夏に、アジア初となる、本物の蒸気機関車の「きかんしゃトーマス号」を運行した、静岡県の大井川鐵道。
全国各地からファンが殺到し、その大人気ぶりは、大井川鐵道や、沿線住民が「今までに一度も経験がない……」と驚くほど。
1回の運行につき、500名程度しか乗車できない “狭き門” とあって、チケットは、土日祝日や夏休みを中心に、ほとんど手に入らず、プラチナチケットと化していました。
2015年の今年は、6月7日(日)から運行開始(10月12日まで)。トーマスのほか、赤いきかんしゃジェームスも仲間に加わり、やはりチケット入手は激戦。
今年から予約方法が抽選に変更されたこともあり、確実にチケットを入手できるような攻略法も、なくなってしまいました。

「申し込んだけれど抽選に外れてしまった……」「うっかり、申し込むのを忘れてしまった」という方、多いんじゃないでしょうか。
これがラストチャンスかもしれません。
大井川鐵道は、すでに予約を締め切っている運転日について、空席がある場合には、二次予約を受け付けると発表しました。
現時点で空席状況をチェックすると、夏休み期間となる7月・8月は満席のようですが、6月には土日も含め「再受付」の表記が見られます。
またこの先、キャンセルが発生するケースもあるでしょうから、7月・8月についても、期待してもよさそうです。
二次予約も抽選。10日前に申し込み(マイナビニュース)

« »

Top