パーシーも登場

リリース

(静岡新聞webから)
(静岡新聞webから)

昨年大盛り上がりを見せ今年も走る
大井川鐵道のトーマス
今年はジェームズも登場

さらに千頭駅にはパーシーも登場する
今年の夏も大井川鐵道はトーマスでウハウハ

今年6月から運転が始まる「きかんしゃトーマス号」に先立ち、千頭駅構内にきかんしゃトーマスの仲間の展示を開始します。昨年登場した「ヒロ」のほかに今年はなんと「パーシー」も登場して2台一緒に千頭駅構内でみんなと会えるのを楽しみに待っています。(大井川鐵道)

  • 展示開始日:平成27年4月21日(火)
  • 場所:大井川鐵道 千頭駅構内 (静岡県榛原郡川根本町)
  • ならび方:昨年も登場した「ヒロ」の左となりに「パーシー」が並びます。
    ※「ヒロ」「パーシー」とも走行はしません。
  • 入場料:小学生以上 1名150円 (大人、小人区別なし)
    なお、千頭まで鉄道を利用してお越しの方は、入場料は必要ありません。

蒸気機関車で有名な大井川鉄道(静岡県島田市)は、昨年に続き英国アニメ「きかんしゃトーマス」のSLを運行するのに合わせ、21日から機関車仲間の「ヒロ」「パーシー」を再現したSLを展示する。走行はしないが、一足早く実物大のキャラクターになじめるとあって、ヒロだけだった昨年も人気だった。千頭駅で小学生以上1人150円、同鉄道を利用して来る場合は無料で入場できる。6月のトーマス運行に合わせイベントも予定。今年は7月から別の機関車仲間「ジェームス」も走行し、同駅で4体が勢ぞろいする場面も検討している。にぎやかな「顔ぶれ」となり客足も期待できそうだ。(毎日新聞)

大井川鉄道が今夏も計画している「きかんしゃトーマス」の運行に先立ち、このほどお目見えしたトーマスの仲間「パーシー」を一目見ようと、登場以来初の週末を迎えた25日、大勢の家族連れが川根本町の千頭駅に繰り出した。緑色のSLでいたずらっ子のパーシーは昨年も展示したD51がモデルの「ヒロ」の隣で愛嬌(あいきょう)を振りまき、子どもたちを喜ばせている。大鉄によると、今後、目が動いたり、声を出したりする予定という。同日からディーゼル機関車の「ラスティ」も展示に加わった。ヒロとパーシーは10月12日まで、ラスティは5月下旬まで展示する。6月から順次、「トーマス」と赤いSLの仲間「ジェームス」の運行も始まる。大鉄の担当者は「キャラクターたちの共演を楽しんで」と話している。(静岡新聞)

« »

Top